妊娠でかかる病院の費用を調べてみました

出産費用 妊娠

妊娠でかかる病院の費用を調べてみました

妊娠、出産で必要な費用

健診費用:出産に至るまでの妊娠期間中に欠かせないのが、「妊婦健診」です。平均10回以上になり、合計すると大体10万円くらいになります。
1、マタニティ用品の費用:5万円前後かかります
2、出産準備用品の費用:出産準備用品が約10万円ぐらいかかります
3、出産費用:出産費用は病院や部屋のタイプなどによっても変わりますが、大体30万~4、70万円ぐらいです。全室個室、エステ付き・・・というような豪華な病院だと100万円を超えることもあります。

1~4すべてを合わせると大体50~100万円ぐらいのお金が必要です。出産費用は出産場所によっても変わってきます。

出典 http://hoken-kyokasho.com

出産育児一時金は〇〇万円もらえる!!

妊娠して初めて知った「一時金」

妊娠から出産までにかかる費用とはいったいいくらかかるものなのでしょうか。
まず妊娠、出産は健康保険が適用されません。なのでだいたい一回の受診料が3000円~5000円になります。
平均の自己負担額は約5万8000円になります。

自治体によってもさまざまなので母子手帳をもらったら助成内容をしっかり確認しておきましょう。
又マタニティーにかかる費用はついつい子供のためにという思いもあり浪費がちな傾向にあります。
平均の出費費用は約13万円になります。

又分娩入院費には保険が適用されませんので初めに40万円ほどがまとめて必要になります。
しかし健康保険に加入している人は出産育児一時金が給付されるので実際にかかる負担額は数万円になります。
出産一時期金があるから安心ではなく別に分娩入院費や退院時に建て替える費用も忘れずに。

妊娠9か月目からの準備とは

知って得するなるほどアイテム


出産時に利用可能な公的補助制度

1、出産育児一時金:妊娠4か月以上が対象で1児につき42万円支給

2、失業給付金:就業期間にもよりますが被保険者期間に給料の60%が支給

3、疾病給付金:家族の生活を保障するもので被保険者がけがや病気で就業出来ず事業主側からの給料が支払われない時期に
支給されます。

4.高額療養費制度:月額の81000円がかかった場合に支給される

5.出産手当金:産前42日(多次児の場合は98万円)産後56日の期間は給料が発生しない会社が多いのでその間の生活を
さえる費用を健康保険から支給される。

6.高額医療費控除:確定申告で年間の医療費の支払いが10万円以上になった場合に還付される

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ