インフルエンザ の予防接種ってホントに必要!? 副作用は?

健康

インフルエンザ の予防接種ってホントに必要!? 副作用は?

インフルエンザとは

インフルエンザとは、“インフルエンザウイルス”によって引き起こされる感染症です。
2009年の冬までは、2つのA型インフルエンザ(香港A型とソ連A型)とB型インフルエンザのあわせて3つのインフルエンザが流行していました。これらをまとめて季節性インフルエンザといいます。2009年春からはそれらに加え新型インフルエンザが流行し、世界中に広がりました。季節性インフルエンザは、主に冬場に流行していましたが、新型インフルエンザは夏場にも流行しています。
インフルエンザにかかると38℃以上の急な発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、倦怠感などの全身症状が強くあらわれ、あわせて鼻水、咳、のどの痛みなどの症状もみられます。
高齢の方、基礎疾患※を持つ方、妊娠中の方、乳幼児がインフルエンザにかかると、気管支炎、肺炎などを併発し重症化し、最悪の場合は、死に至ることもあります。
特に新型インフルエンザの場合はその危険性が増します。

出典 http://www.shionogi.co.jp

インフルエンザの予防接種はの本当に意味あるの!?

中部大学教授の衝撃の意見

インフルエンザ予防接種についていろんな意見があります。
昔から日本は子供の頃から半強制的にワクチンの接種を受けさせらてきました。
これに対して国民は国や医者も進めてくるのでなんの疑いもなく予防接種を受けます。

しかし世界でもワクチンでの市場売り上げは2兆円にもなるということが現実です。
国内で年に2000本、新型インフルエンザワクチンは日本産で2700万人分、輸入品では5000万人分が用意されます。
輸入ワクチンに関しては国の税金を1400億円が使われています。

毎年のインフルエンザが増える時期には小型の病院でも数百万円、大きな病院では数千万円の収益にまります。
買い手側の事情としては、一度買い取ったものを来年には持ち越すことが出来ず返品が出来ません。
このような背景もあり国や医者がインフルエンザを進めてくる理由が分かります。

インフルエンザワクチンの原価は約350円になります。しかし自分が接種を受けた場合は病院によって違いはありますが約2000円~3000円の支払いになります。

決してインフルエンザワクチンが悪いという事ではなくもちろんインフルエンザ予防にはなります。
例えば周りに妊婦などがいる状況で生活をする場合、予防策としてワクチン接種は必要になります。

受ける受けないはもちろん自分で決めれますがこのような国の医療収益背景も念頭に入れて行動するべきではないでしょうか。

インフルエンザの予防接種はすべき!?

インフルエンザワクチンの真実

インフルエンザワクチンについてのツイッターの声は

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ