手荒れを 防止するための クリームや対策を調べてみました。

美容 コスメ

手荒れを 防止するための クリームや対策を調べてみました。

手荒れ防止に大活躍のクリーム

これからの季節、手はもちろん肌が乾燥しやすい季節になります。
寒い季節は湿度が減少し皮膚の水分が失われそのうえお湯を使う機会が増えるので手荒れも発生しやすいです。

もともと手や指の皮膚は皮脂を分泌する皮脂腺が少なく皮膚膜が薄いのでその代わりに角質層が暑くなり皮膚を保護しています。
手荒れは早い段階でケアーするのが大切です。

まずこまめにハンドクリームを塗ることが大事です。
特に入浴後はしっかりケアーしましょう!
ハンドソープなどは除菌力には優れていますが使いすぎると本来必要な水分や皮脂まで取りすぎてしまいます。
アルコール消毒なども同じです。

次にパソコンやスマホの長時間使用者も手荒れをしやすくなります。
症状によって使うクリームも分けたほうが賢明です。
かゆみがあるなどの場合は尿素が入っていないものがお勧めです。

あかぎれやひびわれの場合は血行が悪い証拠なのでビタミンEなどが含まれたクリームを使用しましょう。
乾燥によるかさつきの場合は水分、油分を補う保湿系のクリームが好ましいでしょう。

見えない部分のお手入れは大事

どんなハンドクリームがいいの!?

塗り直し不要で長時間効果

手の洗いすぎに注意

手荒れの理由は? あかぎれのないきれいな手を目指そう
LINEで送る



2.手荒れの悪化を防ぐ対処法

2-1.水仕事による手荒れの場合

食器用洗剤を変える

食器洗いは毎日行うものですよね。それは仕方のないことです。ならば、食器用洗剤を手にやさしいものに変え、手にかかる負担を少しでも減らすよう努めましょう。

洗剤を変えたくない場合は、ゴム手袋を使用しましょう。

■おすすめの洗剤
MIYOSHI 手肌のための食器あらい
ミヨシうるおい成分配合で、肌のうるおいは保ちつつ、食器をきれいに洗うことができるのです。

アレルギーテスト済みで、安心して使えます。

ハッピーエレフェント 食器用洗剤ラベンダー
ハッピー植物原料で、泡切れが良くすすぎ性に優れています。
ほのかなラベンダーの香りが心地よい、手肌にやさしい食器用洗剤です。

水または、ぬるま湯を使用する

手⑤適温は32~35度です。水仕事をする際は、手の潤いを守る為にも熱いお湯は使わずに、水またはぬるま湯を使用しましょう。

その後は、しっかりと保湿して下さい。

2-2. 乾燥による手荒れの場合

乾燥による手荒れの場合は、まずは手が乾燥しやすい状態を防いであげることが大切です。

手を洗いすぎない

手⑥手を清潔にしようと必要以上に洗う事によって、手の油分は奪われて乾燥してしまいます。

過度な手洗いは避け、外出から戻った時やトイレの後など本当に必要な時にしっかりと手を洗いましょう。

また、手を洗った後はしっかりと拭いて下さい。

頻繁に手を洗わなければ落ち着かないという方は、水を使用した手洗いの代わりに、除菌ジェルによる洗浄を行うなどの工夫をしましょう。
※除菌ジェルも使い過ぎると乾燥を招く場合があります。くれぐれも使用法は商品に従って下さい。

出典 http://hadalove.jp

元美容師お勧めクリーム

「しみないシール」欲し~!!

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ