美容室での「 ヘアスタイルの 頼み方」解説

ヘアーアレンジ ファッション

美容室での「 ヘアスタイルの 頼み方」解説

ヘアースタイルの頼み方

まずカットでありがちなのが、「○cm切ってください」という注文の仕方。

実際は、定規で長さを測りながらカットするわけではありません。

イメージする長さはそれぞれの美容師さんによって若干差があり
「○cm」というオーダーは失敗を招きやすいので注意が必要です。

また、悪い姿勢で施術を受けないことも大切です。

「オーダー通りに切ってもらったけど、背筋を伸ばしたら数センチ短くなった……」

というケースもあります。

猫背の人は特に、カット中は良い姿勢をキープしたいですね。

出典 http://beauty.hotpepper.jp

美容師はあなたの「好き」「嫌い」を知りたがっている

ヘアースタイル頼み方

出典 http://www.lj-fair.jp

ヘアースタイルはあなたと美容師で作り上げるもの

自分の希望のヘアースタイルを伝える時に

初めて担当してもらう美容師か

今までに何回か担当してもらった美容師への
注文の仕方は基本的には変わります。

まず自分が初めての場合は当然ですが
美容師もあなたの事を知りません。

例えば過去にされて嫌だった髪型やヘアーカラーなど
あなたのヘアーに対するこだわり度や好き嫌いの
情報がゼロの状態になります。

そうすると美容師側からすればいろんな手段で
好みのヘアースタイルを聞き出したいのが本音です。

座って、「どうされますか?」と聞かれて
「お任せで」と言われると本当に困ります。

美容師からの話の聞き出しがうまい場合はいいのですが
そうでない美容師も中にはいます。

なのでまずヘアーカタログを美容師と一緒に見ながらヘアースタイルや髪の毛の色を話しあうのが賢明です。

そして過去にされた嫌だったことや良かった事などを伝えると
美容師側からすればいろんなかヘアースタイルを
作り上げていくのが容易になります。

もちろん客と美容師の立場なのですが
共同作業と考えた方がいいものが出来ます


あといつも指名をしている美容師であれば
ある程度は好みが分かっているのであまり多くを語らなくても
少ない言葉で推測してくれると思います。

しかしいつも担当してもらっているから
「いつもと同じで」だけ伝えるのではなく

今の流行りを聞いてみたり今気になっている芸能人のヘアースタイルなど
をさりげなく伝えてみるのもいいかもしれません。

いつも同じ美容師にやってもらっていると失敗がなく安心ですが

美容師側も守りのヘアースタイルしか
提案してこなくなったりもするので
こまめに自分の意思を伝えるのも

美容師さんにも喜ばれるかもしれませんね。

ヘアースタイル頼み方

出典 http://www.meetkysingles.com

今までの失敗談を美容師に話そう!!

美容師さんにオーダーするときには

「こうして欲しい」と言うイメージとともに
「これだけは絶対にイヤ!」と言うポイントを
具体的に伝えておくのがベスト。

「難癖をつけるみたいで…。」とちょっと抵抗を感じる方も多いかもしれませんが

ここで妥協してしまっては、また同じ失敗スタイルを繰り返すことに…。

「あ~ココ切らないでほしいんだけどな~…。」
という場合も、我慢せず勇気を出して要望を伝えるようにしましょう。

 また、美容室で髪をカットしてもらって「失敗した」と
後悔することもありますよね。

あなたがこれまで失敗したと思ったことがある経験談を
担当さんに細かく話しておくことも大事。

出典 http://slism.net

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ